下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

まだまだ日本では美容整形が注目されてから歴史が浅いことから、ご利用者の数もまだ少ないと言えます。
それでも一昔前と比べて飛躍的に利用者が増えており、施術も確実性が非常に高くなっているのです。 いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。
下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:2018/4/19

奥さんが主人に弁当を作らず、
11時食を外食で済ますようにした場合、
主人にはコンビニ弁当で11時食を済ますようなことを
させてはいけない。

コンビニ弁当を食べると
確実に太ってしまうからである。

年齢的にも、
中年太りをしやすい時期に差し掛かっているので、
わざわざ主人を肥満にさせるような食べる事を
とらせるべきではない。

なぜ
コンビニ弁当は太るのかというと、
栄養バランスが崩れているからである。

人間は栄養バランスの取れた食べる事をしている限り、
そんなに太らない…

それなのに厄介なのが、
人間は栄養バランスが崩れた食べる事をすると、
それが美味しいと思ってしまう奇妙な動物なのである。

だからコンビニ弁当を食べると美味しいと思ってしまい、
それを延々と食べ続けることになるのだ。

しかもコンビニ弁当では
ライスにサラダ油がまぶしてある。

ライスにサラダ油をまぶすと、
艶があるように見えて見栄えがいいし、
しかも防腐剤がわりになるので、弁当が腐りにくくなるのだ。

しかしその代償こそ肥満なのであって、
ライスにサラダ油をミックスさせると、
消化吸収が遅れるために、非常に太りやすくなるのだ。

これはチャーハンが太るのと同じメカニズム。
チャーハンの場合は火力で油を飛ばしているので、まだ弊害は少ないが、
コンビニ弁当のように意図的にサラダ油をまぶしていると、
その弊害は非常に大きいのである。

だから、 
主人にはきちんと食べる事処で
食べる事をするように言っておくべきなのである。

11時食代を渡してそれで終わりなのではなく、
夫婦の会話の中で
一体どんな11時食を食べたのか訊き出すべきであって、
きちんと食べているのか確認すべきなのである。