下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

まだまだ日本では美容整形が注目されてから歴史が浅いことから、ご利用者の数もまだ少ないと言えます。
それでも一昔前と比べて飛躍的に利用者が増えており、施術も確実性が非常に高くなっているのです。 いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。
下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:2018/2/18

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

食べ物が豊富にある時代ですので、
「もったいない」の精神は大切なこととは思いますが、
減量に関しては、別問題じゃないでしょうか?

せっかく減量しているのに、
お子様が食べ残したものなどが「もったいない」からと、
食べてしまっては意味がありません。

また、お子様のおやつの時間に
ついつい一緒に食べてしまったりしていては、
一日の総カロリーは簡単にオーバーしてしまいますよ。

手持ちの服がきつくなってしまい、
新たに服を買い換えたりするのも
「もったいない」ですよね。

また、
減量のために高額な減量商品を購入したり、
エステサロンに通ったり、ジムへ通ったりすると
どんどんお金がかかることになります。
これも「もったいない」話ですよね。

太って体重が重たくなると、
歩くのが面倒になりがちです。

そうするとだんだんと脚が弱り、
歩くことができなくなり、更には通院にタクシーを利用したりで
お金もどんどんかかることになり…
悪循環に陥ってしまいますよね。

主人のために料理をたくさん作って
食卓をにぎやかにしようと思っている方も多いと思いますが…

たくさんの料理を全部残さず食べることは、
決して減量に良いわけではありませんし、
体にとっても負担になるばかりです!

生活習慣病や糖尿病などになってしまっては大変です。
多額の医療費もかかりますしね。

主人が満足できる量をつくれば、
なにも余るほど作ることはないと思います。

「もったいない」からと食べ過ぎて
減量に失敗するほうが、よっぽど
「もったいない」ことですよ!

明日はいい日かな〜